サイトマップ

防草シートで防ぐ対象となる雑草についての豆知識

雑草についての豆知識

雑草の防除をするあたり、雑草のことを知っておくと便利です。
今お困りの雑草が何かがわかると、対策方法や防草シートを選ぶ基準がわかります。

雑草関連用語、防草シートで防ぐ主な雑草

一年草(いちねんそう)

年内に種子が発芽し、開花・結実して枯死する草。

多年草(たねんそう)

毎年秋になると地上部は枯れるが、地下部は生き残っていて、春に芽を出して生長する植物。

越年草(えつねんそう)

種子が発芽しても年内に開花しないで、翌年になって開花、結実して枯れる植物。

つる植物

他の植物に巻きついたり、付着しながら生長していく植物。防草シートを敷いても他の場所に生えているものがツルを伸ばし、シートを覆ってしまうことがある。
【例】ヤブカラシ、ツルマメ

イネ科

葉は、細長く薄いものが多い。種類も多く、一年草、多年草、越年草と生育形態も幅広い。葉が平行脈で先端形状も尖っている為に弱い防草シート等では突き抜けてくる場合がある。
【例】ススキ、ササ、ヨシ

スギナ

スギナ

多年草。畑地、土手、道端、庭など多くの場面で目にする植物。特に酸性の土壌を好む。地下茎を四方に伸ばし節々から芽を出す。春になると胞子茎(ツクシ)が現れ、次いで栄養茎(スギナ)が現れる。
スギナは、非常に処理、防除に困る植物で、薄手の防草シートでは殆ど防ぐことは出来ないといえる。また、長い期間日の光に当たらなくても栄養分が残っている限り生き続け地上部に出ようとする。
スギナには、ザバーン防草シートの240シリーズをご使用下さい。

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ

キク科多年草。草丈は、3.5mにもなる巨大な雑草。北アメリカ原産。道端、空地、休耕地、土手、河川などに群生する。茎は太く、短い毛が密生し分枝しない。10月~11月に茎の先に大きな花穂を出す。黄色の花が非常に目立ち全国に帰化している。
セイタカアワダチソウには、ザバーン防草シートの240シリーズをご使用下さい。※敷く前に根から処理することをオススメ致します。地上部を刈っても良いのですが、茎が非常に硬いために何らかのキッカケによりシートが破れる虞がある為です。

他の雑草の種類

ザバーン購入ページ
関連記事

雑草対策情報

ザバーン防草シート

エコナル防草シート

大面積防草シート

人気のページ

ページのトップへ戻る