サイトマップ

「熱湯」による「雑草対策」その効果

「熱湯」による「雑草対策」その効果

熱湯による雑草対策

熱湯による雑草対策

一般家庭の主婦の方々の間で度々話題に上る熱湯による除草。 今回はその効果について検証していきたいと思います。

熱湯の効果

結論的に言うと熱湯のかかる地上部には効果があります。 しかし土中にある地下茎まで枯れるかというと難しい所です。 一度の散布では根まで十分に熱が届かないことが多いのです。 地下茎や球根が土中深くまで潜っている雑草では、地上部だけ 枯らすことができても根が残り再生してしまう恐れがあります。 雑草が根まで枯れるように、大量の熱湯を撒くか 数回に分けて根気強く撒くといった対策が必要になります。

熱湯のデメリット

熱湯をかけるというのは、土壌をバーナーで焼いているのと同様の 影響を与えるため、土壌中の細菌や微生物まで殺してしまう恐れがあります。 除草後に花や植木、作物の栽培を考えている場合は注意してください。
また、絶対にやってはいけない!「塩」による「雑草対策」でも述べている通り 野菜・麺のゆで汁に含まれている食塩にも十分注意してください。 繰り返し塩水を撒くと土壌に残留する恐れがあります。
そして何と言っても最大のデメリットは、湯を沸かす手間、 持ち運びに伴う危険にあるでしょう。 筆者も熱湯除草を一度試したことがあるのですが、鍋を持ちながら履物を取って 玄関の段差を越えて庭まで歩くというのは想像以上に危なっかしいものです。 雑草のために、一歩間違えば大火傷をしてしまう恐れもあります。 そういった危険性を考慮すると除草剤の方がはるかに安全なのではないか とも思えてしまいます。

熱湯を使った除草:向いている場所

隅に生えた雑草

レンガやタイル、コンクリートの隙間から生えてきてしまった細かな雑草を取り除く際には向いているのではないかと思います。ただし前述した通り、持ち運びの危険性を伴うので、 専用の雑草対策商品(草枯れ一番草とり爪)の使用をオススメします。

熱湯を使った除草:不向きな場所

熱湯を多く使わなければならない、広い場所の雑草対策には不向きです。 湯を沸かす手間、持ち運び・散布の際の危険性があるためやめましょう。 こういった広い面積の雑草対策には除草剤および防草シートがオススメです。 しかし、熱湯を使われる方の中には除草剤の危険性を気にされる方も多いと思います。 その点、防草シートならば光を遮ることで雑草を防除するため お子様やペット、植栽に対し影響を与えることはありません。 また、一度施工すれば毎年の雑草対策の必要が無く省力化に大きく貢献します。 大きなお庭や遊休地、空地には防草シートがオススメです。 詳しくは遊休地、空地の雑草の対策、駆除の必要性のページにて。

【関連記事】雑草、防草シートに関する質問やお悩みの記事
【関連記事】防草シートによる雑草対策のご紹介

除草剤を散布できない場所、草刈りをするにも面積が広くコストが嵩むので何度も刈れないような場所に最適な雑草対策の資材が防草シートです。 一度敷くことで長期間雑草処理の作業から解放されるのでプロから一般の方まで使用されている注目の資材です。

ザバーン防草シート
世界中で使用されている信頼の防草シート。住宅周囲や道路脇などで強力に雑草を抑えています。

エコナル 防草シート
価格と機能がちょうどいい!一般の方でも扱いやすい防草シートです。

大面積農業向け 防草シート
広い場所に一気に敷ける4m幅まで揃っています。価格も安いシートです。

雑草対策情報

ザバーン防草シート

エコナル防草シート

大面積防草シート

人気のページ

ページのトップへ戻る