サイトマップ

防草シートで花粉症の人が花粉の時期に庭仕事をしないために

花粉症の人は庭に防草シートを敷いておく

花粉の飛来する時期は庭仕事はしたくない

寒い冬が過ぎ、ポカポカ陽気の春の訪れと共にやってくる花粉の季節。
花粉症になってからというもの、大好きだった春がとても憂鬱な時期となってしまったという人も多いのではないでしょうか。

この花粉症ですが、スギ花粉の飛来する2月から5月上旬がメインの時期となるかと思います。
人によっては、このスギ花粉の後にヒノキ花粉に続いていきます。

花粉症の症状は、主に鼻水が出る、くしゃみが出る、目の痒み、咳、頭痛、微熱など多くみられ、一見風邪かなと勘違いしてしまいますので初めて花粉症になった人は病院に行って花粉症と診断されるケースも少なくありません。現に花粉症がまだ認知されていなかった50年程前には、病院にいって風邪薬を処方されていたという人を知っています。

基本的に、病院で処方される飲み薬はその年の花粉が飛来し症状が出る前から服用し始めると、実際に症状が発生してから服用し始めるのとでは、その後の症状に差がでますので、そろそろかなと思ったら早めに行動した方が良いです。

年々花粉症患者は増加傾向にあり、今では国民の10~20%にまで達しているといわれています。まさに国民病です。

このように毎年増え続ける花粉症に悩む人に対して、多くの企業が関連商品を開発しています。
マスク、目薬、飲み薬、衣服等々。

今回、このテーマを取り上げたのは、花粉症の人がスギ花粉の飛来している時期に庭で作業を行いたくないであろうと思った為です。 花粉の飛来する春は、植物が芽を出し元気に成長を開始する時期です。
無論、庭に生えてほしくない雑草も待ってましたと芽を出します。
この時期に雑草を放っておくと、スギ花粉の落ち着く5月上旬には、力強い根張りと青々とした葉をつけていることになります。
そうなると雑草を処理するのも大変な作業になるでしょう。

そこで、です。このスギ花粉の飛来している時期如何に庭に出ないで綺麗な状態を保つ長く保つかという話です。
理想としては、冬の雑草が対して目につかない時期に庭を整地して防草シートを敷いてしまうことがオススメです。
防草シートがむき出しなのは、ちょっと見た目が気に入らないという方には、防草シートを敷いた後に化粧砂利や、バークチップなど家や庭の雰囲気に合ったもので飾ると素敵になると思います。

こうすることで、庭の雑草の対処が極めて少なくなり花粉の時期に外に出て庭仕事をしなければということになりません。

また、庭で多いのが芝生です。
芝生は、やはり春に雑草が生えてきますので、土の庭よりも手入れが大変になります。
オススメの手段としては、3月初旬に芝生用の除草剤でも「土壌処理」のタイプを選んで散布することで、芝生の中の雑草が発芽するのを抑えることができるので、その後の春本番になってからの手入れが格段に楽になります。

以上、花粉症の方へ如何に花粉の時期に庭仕事をしないかについてでした。

雑草、防草シートに関する質問やお悩みの記事

お客様から寄せられた質問や、雑草対策に関する記事を集めました。

【関連記事】防草シートによる雑草対策のご紹介

除草剤を散布できない場所、草刈りをするにも面積が広くコストが嵩むので何度も刈れないような場所に最適な雑草対策の資材が防草シートです。 一度敷くことで長期間雑草処理の作業から解放されるのでプロから一般の方まで使用されている注目の資材です。

ザバーン防草シート
世界中で使用されている信頼の防草シート。住宅周囲や道路脇などで強力に雑草を抑えています。

エコナル 防草シート
価格と機能がちょうどいい!一般の方でも扱いやすい防草シートです。

大面積農業向け 防草シート
広い場所に一気に敷ける4m幅まで揃っています。価格も安いシートです。

雑草対策情報

ザバーン防草シート

エコナル防草シート

大面積防草シート

人気のページ

ページのトップへ戻る