防草・砂利下・除草シートHOME > 雑草、資材に関する記事 > 広い場所の雑草対策は防草シートが効果的

300坪の空き地の雑草対策には防草シートが効果的?

空き地という点、広いという点で雑草対策が大変

使われなくなった畑、人が住まなくなった家を解体した後の空き地など最近この様な何にも使用されていない土地が地方では目立ってきました。

そのような場所は、土地の所有者もあまり頻繁に訪れることもないので、直に雑草でいっぱいの土地になってしまいます。
今回の表題の件もまさにこのケースで、雑草対策には「防草シート」が良いのではないかという考えに辿り着きました。

土地の状況

人に貸していた土地。
高齢のご夫婦が長年住んでいたが、諸事情によりその家は空き家になりました。子供たちは都心部に土地と新たな家を買いそこへ住んでおり、今後老夫婦の住んでいた家に住む気はなく、相談の結果家を解体し更地にした後、地主さんの元へ土地は返却されました。
地主さんも今すぐ戻ってきた300坪の土地をどう活用していくかという考えはなく、暫く空き地の状態で放置していた結果、あっという間に雑草が生い茂る土地になってしまいました。
塀で囲まれた空き地に雑草が生い茂っていると、不法投棄や害獣の住処などになり近所の人にも迷惑になるケースがあります。
また、今後何か土地の運用を考えた場合や、借り手が下見に来た場合に、やはりある程度の手入れがされていることで、地方の余り借り手のつかない土地もどうにかなる場合もあります。

中々手入れのできない土地の管理

このように頻繁に手入れのできず、更に広い土地を如何に効率的に管理していくかを考えた場合、主に雑草対策が挙げられますが、防草シートが非常に効果的といえます。

その他の雑草対策としては、草刈りがありますが、年に2回は体力を使って行う必要があります。
またメジャーな方法として除草剤という選択肢もありますが、これも年に何度かしかも散布時期と除草剤の機能を理解した上で使用しなければ、散布した割にいまいち枯らせなかったということになりコストばかりがかかってしまいます。

これらを踏まえた上で、防草シートの大面積を一度に敷けるある程度しっかりした作りのシートを使用すると効果は一目瞭然です。
大面積の防草シートですと4m幅の100m巻というサイズもあるので300坪の土地なら2本と小さいサイズを1本敷くだけで何年も大がかりな雑草対策を行わなくてよくなるのです。

増える空き地、高まる防草シートの必要性

このように空き地への雑草対策を長期的な面でみてみると防草シートが効果的であることがお解り頂けたかと思います。
現在は、急速に地方の過疎化が進み空き地がどんどんと増えている状態です。そこへ家族や新たな人が引っ越してきて土地の使用を続けてくれることが最高ですが、それも難しい状況です。
住宅と住宅の間にできた空き地。両隣で人が生活していれば、知らんぷりで放置できない土地です。
今、うまく管理するのは防草シートを使用する方法が一番かと思います。

関連記事

防草シートによる雑草対策のご紹介

除草剤を散布できない場所、草刈りをするにも面積が広くコストが嵩むので何度も刈れないような場所に最適な雑草対策の資材が防草シートです。
一度敷くことで長期間雑草処理の作業から解放されるのでプロから一般の方まで使用されている注目の資材です。

世界中で使用されている信頼の防草シート。住宅周囲や道路脇などで強力に雑草を抑えています。

価格と機能がちょうどいい!一般の方でも扱いやすい防草シートです。

広い場所に一気に敷ける4m幅まで揃っています。価格も安いシートです。

このページのTOPへ