サイトマップ

遊休地、空地の雑草の防除 駆除の必要性

遊休地、空地の雑草の対策 駆除の必要性

遊休地、空地を放置するとどうなる?

遊休地や空地は意外と多く、その面積も広い場合が殆どです。
例えば、住宅地の新区画、工場や店舗跡などで、直ぐに家の建築や、後の店舗などが決まれば問題ありませんが、暫く間隔が空くと一気に雑草が生えてきます。

このような場合は、やはり雑草で茂っている状態は好ましくありません。自然が増えていいじゃないかと、プラス思考を働かせている訳にはいかないです。

まず、このような土地が住宅街、街中にあると蚊など人に嫌がられる害虫の発生源となります。更に、夜な夜な行われるゴミの不法投棄。見られていなければ、これぐらいのゴミならいいだろう的な思いから徐々に蓄積されていきます。怖いのは、タバコのポイ捨てにより火事に発展する要因があることです。

別のケースで被害が大きくなると予想されるのは、空地の近くに畑などがある場合です。農家の人が一生懸命、病害虫から作物を守っても、近くに害虫の製造基地があったらやりきれません。また、タヌキなどの動物園やテレビで観るとカワイイ動物も、この現場では害獣です。雑草で覆われた土地は彼らのよい住処です。人がわりと近いので天敵に襲われる心配も無く、畑や民家が近ければ食べ物にも困りません。このような作物の被害は意外と多いのです。

このようなことから農家も畑の近くに雑草が茂る場所があるのをもの凄く嫌がります。

遊休地、空地の雑草対策 駆除とは?

それでは、放置していいことがない遊休地、空地の雑草対策、駆除はいかにしていけばよいのか?
農家の人ならまず除草剤を撒く手段をとります。日頃から様々な病害虫の薬剤を散布することが多いので、雑草に対しても除草剤を散布を効果的に行えます。

しかしながら農業を仕事にしていない人が、遊休地や空地のある程度広い場所を除草剤で管理しようとするのはとても難しいと思います。

その理由としては、まず圧倒的にその土地を管理する為の時間(日数)が少ないということです。更に農家の人のように、常に足を運び、雑草の年間の生長の流れが頭に入っていて適切な時期に適切な対応をとることは、一般の人には無理だからです。

もう一ついうと、住宅地や街中で除草剤を大量に使用するのは色々と周囲に気を使わなければならないのもあげられます。

それならばどうするか?簡単なのは、やはり防草シートを敷く方法です。
防草シートであれば、何か特別なことが無い限り周囲に気をつける事はないですし、時期もさほど選ばずに施工することできます。

防草シートもそれなりにコストがかかります。長く使用する予定が無ければ防草シート。1年以内に使用することになり、除草剤を使用しても問題ない場所であれば除草剤。問題がありそうならば、草刈機。というような使い分けがよいかと思います。

いずれにせよ、遊休地、空地の放置よる雑草の生え放題は効率的な対策を行っておいた方がよいでしょう。

雑草、防草シートに関する質問やお悩みの記事

お客様から寄せられた質問や、雑草対策に関する記事を集めました。

【関連記事】防草シートによる雑草対策のご紹介

除草剤を散布できない場所、草刈りをするにも面積が広くコストが嵩むので何度も刈れないような場所に最適な雑草対策の資材が防草シートです。 一度敷くことで長期間雑草処理の作業から解放されるのでプロから一般の方まで使用されている注目の資材です。

ザバーン防草シート
世界中で使用されている信頼の防草シート。住宅周囲や道路脇などで強力に雑草を抑えています。

エコナル 防草シート
価格と機能がちょうどいい!一般の方でも扱いやすい防草シートです。

大面積農業向け 防草シート
広い場所に一気に敷ける4m幅まで揃っています。価格も安いシートです。

雑草対策情報

ザバーン防草シート

エコナル防草シート

大面積防草シート

人気のページ

ページのトップへ戻る