防草・砂利下・除草シートHOME > 雑草、資材に関する記事 > ブルーシート、黒ポリシートで防草?

ブルーシート、黒ポリシートで防草?

雑草を防除できるのか?

時々、ブルーシートや農業用の黒のポリシート(マルチ)で雑草を防げるかというお問合せを頂きます。

ブルーシートは、色々な用途に使えて便利なアイテムですが、これは、まず目合いの少ない織込布で、更に光を透しますので長期間雑草を防いでいることは無理です。
突抜け性の強い雑草はなんなく貫通してきます。

次に黒ポリシートですが、本来、農業で作物への害虫や雑草を防ぐ目的で使われます。雑草を防ぐのですが、ご存知のとおり薄く直ぐに破れてしまう代物です。これは、長くても作物苗の植付けから収穫までの間、役割を果たせばよいので必要最低限の品質です。数ヶ月間もてば良いのです。そうするとやはり長期間の雑草を防ぐ目的にはあいません。
時々、田植後の畦畔に黒のポリシートを貼って雑草、害虫を防止しているシーンを見かけますが、やはり梅雨の間には雑草の力や風の力で破れてしまっているのをみかけます。

関連記事

防草シートによる雑草対策のご紹介

除草剤を散布できない場所、草刈りをするにも面積が広くコストが嵩むので何度も刈れないような場所に最適な雑草対策の資材が防草シートです。
一度敷くことで長期間雑草処理の作業から解放されるのでプロから一般の方まで使用されている注目の資材です。

世界中で使用されている信頼の防草シート。住宅周囲や道路脇などで強力に雑草を抑えています。

価格と機能がちょうどいい!一般の方でも扱いやすい防草シートです。

広い場所に一気に敷ける4m幅まで揃っています。価格も安いシートです。

このページのTOPへ