サイトマップ

芝生、インターロッキングに生えた雑草の駆除

芝生、インターロッキングに生えた雑草の駆除

どこにでも生えてくる雑草

ど根性~。ダイコン、アスパラなどなど。昨今のニュースで度々話題になる生命力豊かな野菜たち。少しの土があれば根をおろし、逞しく育っていく姿は見事です。
しかし、ニュースになるような野菜や、綺麗な花の類なら歓迎はされるものの、雑草ともなれば話は違ってきますよね。
よくあるのは、道路の縁石のヒビ割れ、インターロッキングの隙間、芝生の中にとここから来たかぁとガッカリする場面を目にすることも多々あります。

駆除に困る場所の雑草をどうにか駆除する

このような縁石の近く、インターロッキングの隙間、芝生の中といったような一気に駆除できそうもない場所の雑草をどのようにすればきちんと駆除できるのかを考えてみました。

まず、草刈機での処理は、かなりの細かなテクニックが必要そうです。障害物があったり、たとえ刈っても直ぐに伸びてきたりします。
時間と根性と体力があれば手で抜くという方法もあります。面積が狭ければよいですが、それでも大変なことに変わりはありません。それに雑草の根がしっかり抜けるかも気になるところです。

除草剤ですが、種類によっては、使うと便利なものがあります。グリホサート系の除草剤であれば、土に触れると効果が無くなるので周囲の花壇などに直接かからなければ影響が出ずに、雑草は根までしっかり枯れます。気をつけなければならないのは、この類の除草剤は、直接かかると何でもからしてしまう非選択性除草剤ということです(木の幹などは、かかっても枯れませんが)。
芝生には、選択性の優れた除草剤がありますが、ある程度、芝生の中で雑草が大きく成長してしまうと効かなくなってしまいます。芝生の雑草は、早期対策が重要なのです。
という事で、伸び伸びと芝生に囲まれて育った雑草には、一気に散布できる専用除草剤は使えないので、グリホサート系除草剤を使います。
では、縁石やインターロッキング、芝生の中の雑草といったピンポイントで枯らせなければならない場合は、液剤を滲みこませた筆やスポンジで着けると効果的です。地道ですが確実です。
芝生の中でなければ、ジョウロでさっと撒いてしまう場合もあります。

インターロッキングや、砂利の下には、防草シートを最初に敷いておくことで後の雑草処理が大変楽になります。

【資材参考】
グリホサート系 除草剤|サンフーロン、ラウンドアップマックスロード

雑草、防草シートに関する質問やお悩みの記事

お客様から寄せられた質問や、雑草対策に関する記事を集めました。

【関連記事】防草シートによる雑草対策のご紹介

除草剤を散布できない場所、草刈りをするにも面積が広くコストが嵩むので何度も刈れないような場所に最適な雑草対策の資材が防草シートです。 一度敷くことで長期間雑草処理の作業から解放されるのでプロから一般の方まで使用されている注目の資材です。

ザバーン防草シート
世界中で使用されている信頼の防草シート。住宅周囲や道路脇などで強力に雑草を抑えています。

エコナル 防草シート
価格と機能がちょうどいい!一般の方でも扱いやすい防草シートです。

大面積農業向け 防草シート
広い場所に一気に敷ける4m幅まで揃っています。価格も安いシートです。

雑草対策情報

ザバーン防草シート

エコナル防草シート

大面積防草シート

人気のページ

ページのトップへ戻る