サイトマップ

つる性の雑草|防草シート 除草シートの専門情報サイト

つる性の雑草

防除に困る、つる性の雑草

迷惑と感じる雑草の中でも、駆除に手を焼く種類の雑草にあげられるのが、つる性の雑草です。

代表的なものは、クズ、ヤブガラシ、ヘクソカズラ、ガガイモ等があります。これらは、茎が蔓状に伸びどこまでも伸びていき、農業、植木の現場でも作物に悪影響を与える為に問題視されます。

ヤブガラシは、その名の通り「藪を枯らす」程の生育が旺盛で、一度生息してしまうと、地上部を除去しても、地中部の根が生きている限り新たな芽を出し、また伸び始めます。

このようにヤブガラシを筆頭に、つる性の雑草は完全な除去が困難な上にそのままにしておくと周囲の植物に悪影響を与えてしまいます。

つる性の雑草を防除する方法はある?

まず、地上部のみを処理して「よし!」と思ってはいけません。
直ぐに地中から次の芽が出てきます。ということで、刈る、切る、抜く(根が綺麗に全て取れない)ことでの完全処理は不可能です。

防草シート、除草シートで覆う?これも中々難しいです。根がもしシートの端付近で残っていたらシートを除けて地上に芽を出し、やがてシートの上を覆ってしまう可能性があります。
また、防草シートを敷いた近くに、つる性の植物がある場合もシートの上に伸びてくるので注意が必要です。

除草剤を散布する?除草剤を散布する方法が一番効果的ですが、除草剤の種類と方法を間違ってはいけません。
まず、地表部のみを枯らすタイプよりも、根まで枯らすタイプを選ぶ!
次に、噴霧器などで散布するのではなく、つる性植物に直に塗る!茎にキズをつけてそこへ塗る!他の雑草があってもまずは、つる性の雑草のみをターゲットにする意気込みで処理した方が確実です。
このようなタイプの除草剤は、ラウンドアップマックスロード、サンフーロン があります。

雑草、防草シートに関する質問やお悩みの記事

お客様から寄せられた質問や、雑草対策に関する記事を集めました。

【関連記事】防草シートによる雑草対策のご紹介

除草剤を散布できない場所、草刈りをするにも面積が広くコストが嵩むので何度も刈れないような場所に最適な雑草対策の資材が防草シートです。 一度敷くことで長期間雑草処理の作業から解放されるのでプロから一般の方まで使用されている注目の資材です。

ザバーン防草シート
世界中で使用されている信頼の防草シート。住宅周囲や道路脇などで強力に雑草を抑えています。

エコナル 防草シート
価格と機能がちょうどいい!一般の方でも扱いやすい防草シートです。

大面積農業向け 防草シート
広い場所に一気に敷ける4m幅まで揃っています。価格も安いシートです。

雑草対策情報

ザバーン防草シート

エコナル防草シート

大面積防草シート

人気のページ

ページのトップへ戻る