サイトマップ

庭に砂利を敷く時は、砂利下シートが必要

庭に砂利を敷くのに失敗しない方法

砂利敷き失敗例

「庭に砂利を敷くと印象がガラッと変わってとても綺麗に見る。それに地面がむき出しだと雑草が生えてきて、夏の面倒な草抜きも面倒。砂利を敷けば、煩わしい草抜きもしなくてすむので一刻も早く敷いてしまいたい!」とお考えの方。

ちょっとお待ちください!

砂利を直接地面に敷こうとお考えではありませんか?

この砂利を直接地面に敷く方法は、後で後悔することが非常に多いパターンです。
庭や人目に付くところに敷こうとしている場合は特にです!

そこで庭への砂利敷きを失敗しないための方法をご紹介致します。
綺麗な砂利の庭を持っているところでは、多くの場合に実践している方法です。

砂利を地面に直接敷くのは何故失敗に繋がる?

多くの場合、砂利は直接地面に敷くものだと考えられています。
しかし、これは庭などに砂利を敷く場合は失敗の基になると思ってください。

まず砂利は、土(土を形成する粒)よりも大きく重いです。そうするとどんなに転圧し、整地してから砂利を敷いても徐々に土中へ埋没してしまいます。
気が付いたら庭に砂利を敷いた当初よりも「随分砂利の嵩が減ったなぁ」と思われるはずです。

次に、砂利の隙間をぬって雑草が普通に生えてきます。周囲から根を伸ばして生えてくるもの、飛来した種子が発芽して生えてくるもの雑草が生える原因はいくつかあります。

砂利敷き比較

これらの要因が重なることで見る見る内に雑草に覆われた庭になってしまうのです。

庭の砂利敷きを成功させる方法とは?

それでは、庭の砂利敷き失敗の原因を知ったところで、次は砂利敷きを成功させる方法についてご説明致します。

砂利の埋没、砂利下からの雑草を防ぐ

砂利の埋没、砂利下からの雑草発生を防ぐためには、ズバリ『防草シート(砂利下シート)』を使用します。

砂利下に防草シート

この防草シートは、雑草を抑えたい場所に敷くことで雑草が生育するのを抑えます。
また、防草シートの上に砂利を載せることで砂利が土に埋没するのを防ぐことができます。
防草シートの上に砂利を敷くことで、防草シートの劣化要因である紫外線が当たらなくなり、シートも長持ちするため防草シートと砂利を組合わせて敷くと相乗効果があります。

防草シートがあるとこんなに砂利が綺麗に保たれる

それでは、防草シートと砂利を合わせて使用することでどれだけの効果があるかを比較写真でご紹介致します。

砂利敷き比較

↑ 設置日:12月7日 砂利を敷く前です。

砂利敷き比較

↑ 設置日:12月7日 砂利を敷いた後です。

砂利敷き比較

↑ 撮影日:4月9日 砂利のみ方に主にスギナが生えてきてしまいました。

もし飛来してきた雑草の種子がシートの上で発芽したら?

防草シートは、シートの下からの雑草を抑えることに重きを置いた防草資材です。よって周囲から飛来した雑草の種子が発芽の条件に合って発芽することはあります。
しかし、砂利とシートの間で発芽しても十分に根を張ることができず、成長も弱々しいので簡単に処理できます。

強く生長できない

このように簡単に抜けます。砂利のサイズによっては、箒で掃いただけで発芽した雑草も抜けてしまいます。

砂利下で効果抜群のエコナル防草シート

エコナル大特価 エコナル購入ページ

化粧砂利も取扱っております

砂利購入ページ
関連記事

玉砂利・化粧砂利

ザバーン防草シート

エコナル防草シート

大面積防草シート

人気のページ

ページのトップへ戻る