サイトマップ

防草シート 砂利下シート 除草シート ザバーン

防草シート比較・施行例まとめ

ザバーン240BB施行例

ザバーン防草シートは、空気・水をしっかり透すにも関わらず、光を高レベルで遮断します。よって、光合成できない雑草は枯れますが、土壌は良好な状態を保つことが出来ます。

防草シートを比較しよう

一般的に安価で売られている織込布防草シートと不織布ザバーンを切りクチ・ピンの刺しクチ・摩擦した時の耐久性について比べてみました。

ザバーン比較

1.左側[ザバーン240]、右側[安価な防草シート]です。

ザバーン比較

2.切り口の比較です。
・防草シート ザバーンは不織布なので、複雑にカットしても全く解れません。ハサミ等で簡単に切れます。
・織込布は、縦横に織込んであるので切り口がどうしてもほつれてしまいます。

ザバーン比較

3.防草シートにピンを刺した時の状態です。
・ザバーンは、ピンの太さにピッタリと穴が開くので殆ど隙間が出来ません。
・織込布の方は、ピンにより繊維が雑に切れ、隙間が出来てしまいます。

ザバーン比較

4.石で防草シートを擦り強度を比較しました。
・2cm角の枠を決め、そこを石で一生懸命擦りました。1秒間に3回の円を描くように擦ります。
・ザバーンは、6分50秒でシートに穴が開きました。擦った回数は、1230回です。ザバーンの不織布は、繊維が切れてもその繊維同士が絡まりあって石の行く手を阻み、中々穴が開きませんでした。
・安価な織込布の方は、3分20秒でシートに穴が開きました。擦った回数は、600回です。

防草シート・砂利下シート施工例

【施行例】福島県、篠崎様宅のご様子

篠崎様宅

(ザバーン通常タイプ1m×50m1本、U字型固定ピン20cm200セット使用)

篠崎様・施工後のご感想
ホームセンターで購入できる防草シートとは異なり、非常にしっかりしていて、自分で敷いたのですが破れるようなことはありませんでした。
施工後は、雨の日も水たまりなどもできず、今までぐちゃぐちゃになっていたところも気にならなくなりました。もちろん、雑草に悩まされることもありません。
IHSより一言
とても綺麗に施工されていますね!
また、砂利下に敷くことで防草シートザバーンの素材が活かされ、余程の衝撃等で破れない限り、紫外線による劣化が無いため半永久的に防草効果を期待出来ます。
水たまり防止も防草シートザバーンは透水性に優れているために適材です。理想的な施工場面です。

【施行例】群馬県、嶋田様宅のご様子

嶋田様宅

(ザバーン240 1m×10m 2本使用)

嶋田様・施工後のご感想
庭の砕石の下へ敷き込みと花壇の土を入れる前に雑草防止の為に使用しました。
面積にかかわらず色々な場所へ使用出来るのでとても気に入っています。
IHSより一言
ザバーンの特徴でもある解れない特性を活かした施工をされております!
まずは、建物と塀の間への施工では、砂利下シートとしてご使用されております。壁際でシートを立ち上げ更に折り返しており、こうすることで砂利がシートと塀の隙間からこぼれることを防止しております。
もう一例のエクステリア支柱の元をレンガで囲み、そこを花壇にされております。円形の花壇に沿って、更に支柱をかわしながらのカットが上手く施工されており大変参考になります。ザバーン防草シートを敷くことにより、培養土と地面の縁切りにもなりますので、新たに培養土を入れ替える場合に作業がラクになると思います。

【施行例】千葉県、大久保様宅のご様子

大久保様宅

(ザバーン240 1m×50m 2本、U字型固定ピン30cm200セット使用)

大久保様・施工後のご感想
家の裏や左右の通路はもともと土で、一年中草だらけになりほぼ毎週草むしりをしていたので非常に助かっています。砂埃も減りますし。
また、玄関先は写真のようにアプローチを作ってみました。宣伝文句のとおり水はけが良いので砂利が浸水することもないですし、砂利も綺麗なままです。
うちはヤブカラシがとても多く困っていたのですが、防草シートを使っているところはまったく出て来ないので草むしりの時間が減って助かっています。まぁ隅のほうではチョロチョロ出てきたりしますが、所詮数本ですので苦にはなりません。
家造りの場面では色々と活躍の場があると思いますが、ご存じない方のほうが多いのでしょうね。
IHSより一言
施工場所により色を変えて綺麗に砂利・レンガが敷かれていますね!
防草シートザバーンを下に敷くことで防草効果の他に地盤安定、砂利の沈み込み防止・砂埃防止と多くの効果が実感して頂けると思います。
また、紫外線に触れませんので防草シートは半永久的に劣化しません。
住宅周りでザバーンを使うことの良い点は、その丈夫さから防草シートの上に敷いたマルチング材の魅力を最大限に長く惹きたてておくことが出来る点です。
防草シートザバーンのメリットを十分に活かして下さっており大変嬉しく思います!
大久保様が仰るとおり高品質の不織布ですので住宅周りでは安心して長くご利用頂ける防草シートと言えます。

【施行例】(株)アイ・エイチ・エス

アイ・エイチ・エス敷地施工

(ザバーン240 2m×30m 2本、専用固定ピン500本使用)

アイ・エイチ・エス-施工後のコメント
■施工場所:竹垣下
■使用目的:雑草が伸びると見た目も悪く、見通しも悪くなるので改善したかった
エクステリアの人工竹垣の下に防草シートザバーンを施工しました。
通常は写真の見ての通り雑草が密生しており地面も見えないぐらいで、除草剤による防除が主でした。
今回防草シートを施工するにあたり、沢山生えていた雑草を刈り取った後、ある程度地面を整地して防草シートザバーン240の2m×30mを2本更にザバーン専用ピンを500本使用しました。
専用ピンは、防草シートの施工場所がある程度風が吹き付けるということを考慮してシート周囲は50cm間隔、2m幅のシートには中心部にも50cm間隔にピンを打ちました。
今後、防草シートザバーンの不織布・高い透水性等の特性を活かしシートに切り込みをいれ多様な植物を植えていく予定です。

【施行例】山梨県、秋田様宅のご様子

秋田様宅

(ザバーン240 1m×30m 1本、2m×30m 1本、専用固定ピン200本使用)

秋田様・施工後のご感想
■施工場所:自宅の駐車場
■使用目的:雑草の処理に困っていた為
7月末に施工しました。広さは80平米弱です。アスファルト若しくはコンクリート舗装を考えましたが、思いのほか工費が掛かるため、自力で挑戦することにしました。レンタルユンボにて20cm程度掘り下げ、5号砕石を入れ転圧しました。シートの施工の簡単で、以来、雑草が生えることも無く、砂利の沈下も有りません。
最近、気温が-15℃近くになり、雪もチラホラ降りますが、凍結に関しても問題無いようです。
IHSより一言
レンタルユンボを使用しての施工とはまさに本格的ですね。写真でも防草シートを敷く前の前処理がしっかりしていることが解ります。これなら車を停めても砂利の沈み込みの心配もありません。また、雪の降る地域でのご使用も砂利の沈下、夏場の防草効果に影響を及ぼしません。
シートの端部分は、防腐剤処理の木製の見切り材を使用されたということで大変綺麗に仕上がっております。秋田様が仰っていた形状の見切り材も今後の製品開発に盛り込んでいけたらと考えております。

【施行例】千葉県、伊橋植木様のご様子

伊橋植木様

千葉県・伊橋植木様(ザバーン240 1m×30m 1本使用)

伊橋植木様・施工後のご感想
■施工場所:個人邸の箱庭
■使用目的:雑草の防止、砂利の埋没防止
普段は、織込布のシートを使うことも多いですが、今回使ったザバーンは、厚みもありしっかりとしているので扱いやすく、また、不織布なのでカットしてもほつれないので非常に良い防草シートだと感じています。
IHSより一言
実際に現場を見させて頂きました。まさにプロの仕事です。施工前の箱庭のない時は、特に何も無い庭であったのに綺麗に仕上がっていました。
この仕事をされたのは、千葉県の造園業者、伊橋植木様です。お問合わせは、弊社までどうぞ。TEL:0479-67-2623。

防草シート ザバーンの施工経過後の状態

防草シート植栽施工7年経過の様子

防草シート植栽施工7年経過

ザバーン240を使用。
防草シートを敷き、そこへシバザクラを植えた。定期的な手入れはするものの雑草が混ざることなく綺麗に咲き揃っている。

防草シート曝露下3年経過の様子

防草シート曝露下3年経過

ザバーン240を使用。
コンクリートの塊、電柱のワイヤーなどが多数障害物としてあるが、上手く防草シートをカットして雑草が生えないように敷き詰められている。
また、ピンを刺した箇所からの雑草も無い。

防草シート植木周囲へ施工8年経過の様子

防草シート植木周囲施工8年経過

ザバーン240を使用。
防草シートを敷き、そこへ植樹した。生育も良好。シートが痛むことなく防草効果を維持している。防草シートと縁石の間に雑草が出てきているが、これも雑草をとり専用テープを用いれば改善できる。

8ヵ月後に防草シートを剥がした様子

防草シートを剥がした様子

ザバーン240を使用。
除草剤を撒き、その後刈ってザバーン防草シートを施工。8ヵ月後のシート裏の状態を確認したが雑草が生えてくる様子は観られなかった。

約7年後の防草シートの状態

約7年後の状態

ザバーン240を使用。
エクステリアの展示場の一画である平地へ植栽を兼ねて敷いた。シートの切れ込みは植栽跡によるもの。展示場が終了した後も防草シートはそのまま敷いておいた。 手入れもなく、放置した状態であったが雑草が生えてきた形跡はなかった。

約7年後の防草シート裏の状態

約7年後の状態

7年経ってもシートの裏側まで達する破れ等はみられない。地面が多少起伏していた為にシートもその形にそっていた。

約7年後の防草シート下の土の状態

約7年後の状態

7年も経過すると地面が固くなっていると予想していたが、軽く耕しただけでフカフカの土に戻った。水・空気を適度に透す為に土は良好な状態を保つことが出来ていた。

12年経過した防草シートの様子

約7年後の状態

ザバーン240シリーズを敷いてから12年が経過。シートめくってみたが雑草はなかった。展示場、資材置き場、放置と色々な状況に曝され、紫外線の当っていた表面の劣化はあるが耐久性は改めて強いと確認できた。
※この情報は、製品の保証値を示すものではなく、この現場での実績を示しております。

ザバーン購入ページ
関連記事

ザバーン防草シート

人気のページ

エコナル防草シート

ヨンアツ防草シート

大面積防草シート

ページのトップへ戻る